どんな方法でケアをすればよい?バッグを長く使うためのお手入れ方法

ワンシーズンだけ使うバッグだからこそ、お手入れもしっかり

かごなどの夏素材

暑くなってくると出番が増えるかごバッグ。使ったままクローゼットにしまうと、翌年出したときにカビやシミが残っていることがあります。夏場はかごを持つ手にも汗をかきます。その汗が染みこんでしまい、このようなことになってしまうんです。
かごは編まれていますので、タオルで拭くよりもブラシをかけてほこりや汚れを取り除きます。毛足の長いブラシを使って丁寧にブラシをかけると、きれいにすることができますよ。
かごバッグのふちに布が使用されている場合には、中性洗剤を薄めて絞ったタオルを使って、叩くようにしながら汚れを落とすようにします。
夏が終わり一度しまう場合には、しっかり乾かした後に防水スプレーをかけておくと、カビを防止することができますよ。

ファー付きやニット素材などの冬素材

ファー付きのバッグは秋から冬にかけて活躍します。ふわふわで暖かな素材が魅力ですよね。ではこのファーはどうやってお手入れすればよいのでしょうか?
ごしごし何かで拭くようにすると、ファーが抜けてしまったり傷んでしまう原因になります。洋服専用の柔らかいブラシで毛の流れに逆らわずブラッシングをしてください。
ファーは熱に弱い素材です。ドライヤーで乾かすのはやめましょう。
このほかニット素材のバッグはどうでしょうか?
ニットバッグは摩擦により毛玉ができやすいです。毛玉はつい引っ張ってちぎってしまいたくなりますが、はさみや毛玉取り器で切り取るようにしましょう。また洗濯もおしゃれ着洗い用の洗剤を入れ、手洗いができるものがありますが、干す際に何かにかけると水の重みでニットが伸びてしまったりしますので注意が必要です。

素材によって手入れの仕方が異なりますので、お気に入りのバッグをうまくお手入れしていってくださいね。


この記事をシェアする