どんな方法でケアをすればよい?バッグを長く使うためのお手入れ方法

厚手のキャンバス地やナイロンバッグもお手入れ

キャンバス地や布

キャンバス地や布地は雨や水にも強いのですが、汚れが付いたときに早目に対処をしないとそのままシミになったり、水分で形が変わってしまったり逆に固くなってしまうことがあります。
汚れをごしごし拭いたりせず、柔らかいタオルなどで布を叩くように拭きましょう。キャンバス地のバッグの良いところは、洗濯機で洗うことができる点です。ネットなどに入れて型崩れを予防しながら洗濯機に入れると、汚れがあっという間に落ちてしまいます。中性洗剤を水で薄めてそれを布にしみこませて叩くようにして拭いてもOKです。
干すときには直射日光は避け、形を整えて風通しが良いところに干すようにしましょう。色が濃いバッグだと、日に焼けてしまうことがありますので気を付けてくださいね。

ナイロン

ナイロンバッグは軽くて、レザーバッグと違いは水にも強いので、男性女性を問わず愛用者は多いと思います。けれどもナイロンバッグは汚れが付きやすい素材でもあるんですよね。
ナイロンバッグの汚れは、軽く叩いて汚れを落とすことができるものもありますが、それで落ちない場合には濡らした柔らかいタオルに中性洗剤をつけて、こちらも叩くように拭きます。
いくら水に強いからと言っても、布バッグのように洗濯機で洗ってはいけません。ナイロンバッグは表地と裏地がありますが、それがずれてしまい型崩れを起こしてしまいます。早く乾かしたいからといって、ドライヤーを充てたりすると今度はナイロン生地が縮んでしまいますので、日陰や直射日光が当たらない場所で干すようにしてください。


この記事をシェアする