お手入れをして長持ち!材質別バッグのお手入れ方法

どんな方法でケアをすればよい?バッグを長く使うためのお手入れ方法

皮を使用したバッグのお手入れ方法

デパートや雑貨店、量販店やインターネットサイトなど、あらゆるところで購入することができるバッグ。お値段が張るブランドバッグをヘビーユースしている方もいらっしゃるでしょう。ディスカウントストアで購入したバッグが愛用品という方ももちろんいらっしゃるでしょう。お気に入りのバッグって、毎日使用したくなりますよね。
今はカスタマイズすることができるセミオーダータイプのものも多くなっているため、ほかの人と違うバッグを大切にしている方もいらっしゃるはず。
では、そのお気に入りのバッグ、お手入れはどうされていますか?
汚れてしまった場合や濡れてしまった場合に、「後で拭こう」とか「濡れたけれど、どうせ乾くしそのままでいいや」と思ったりしていませんか?
実はこれはNG行為なんです。
時間がたてば汚れはシミになりやすくなります。雨や水に濡れたら、乾くどころかそのままシミになってしまうこともあるんです。そうなってからでは、すぐに対処しておけばきれいになるはずだったものも、きれいにできなくなってしまうんですよ!
けれども、そうは言ってもバッグのお手入れはどのようにすればいいのでしょうか?
洋服にはタグに洗濯方法が印刷されていますので、そのタグを見て洗えばいいわけです。けれどもバッグに洗濯タグや汚れを落とす方法は記載されていません。お手入れを面倒くさがると、バッグの劣化が早くなってしまうんですよね。お気に入りのバッグを捨てるのは嫌!というあなた。
一日でも長く、お気に入りのバッグを使用できるようにお手入れの方法について知ってみませんか?